ポーランド伝統料理
何と言ってもナンバーワンはピエロギ
餃子のような、ピロシキのような、、、。
中身も肉、チーズ、きのこ、チョコレートやイチゴなどなど
茹でたり、焼いたり、蒸したり、、、。
d0073371_18543900.jpg
プレーン
d0073371_18541162.jpg
玉ねぎとベーコンのソースかけ

d0073371_18555301.jpg
芥子の実たっぷり
d0073371_18570094.jpg
カッテージチーズ入り

d0073371_18573995.jpg
街の屋台で
d0073371_18580865.jpg
いちごジャム入り
ベルナルダさんのお宅でのクッキング・レッスン
d0073371_19023489.jpg
d0073371_19025307.jpg
ピエロギの皮作りから、、、これでしたら私も再現できそう、、
そのうちね

# by fu-ai_classes | 2017-07-20 20:23 |
ヤノフ織思考
d0073371_08492050.jpg
昨日届いた荷物の中、ハチミツまみれを逃れたヤノフ織タピストリー。
1メートル幅170センチの中に模様がビッチリ。
ご存知のように織物は縦糸に横糸を1段1段織り込んで行くわけで、この模様のように横一列に収まらない模様をビッチリ織り込むのは至難の技だ。
彼女たちは方眼紙に模様を書くことなく、頭の中に入っているパターンを即興的に織り込んでいく。
村の風物やお祭り、農作業の場面、伝統的な幾何学模様、、、。
模様の分析図などなく織進んで行くのがヤノフ織の醍醐味である。
現地での滑車の高機4枚綜絖の扱いが慣れなくパニック状態でしたが、同じ道理のロクロ式高機4枚綜絖の我が織り機を駆使すれば、ヤノフ織の醍醐味を味わえるようになりそう。
それにしても日本の機は緻密に精巧にできている。
d0073371_09061869.jpg
d0073371_09063864.jpg
北の大地に暮らす彼女たちは忍耐強く私みたいにヤワでない、、、。
あの力強さがヤノフの織物。
いつまでも元気で織を続けていってほしい、
彼女たちに祝福とエールを送りたい。

d0073371_09115004.jpg
村に7人の織り手が残る、お祭りの会場で4人が集合。
d0073371_09132519.jpg
月の港の今朝の収穫、、、
d0073371_09142167.jpg
キュウリとインゲンの半分は育ち過ぎ、ボルドーの餌ですね〜

# by fu-ai_classes | 2017-07-20 09:18 | 日々
ポーランドから荷物到着
7月9日、ヤノフ村の郵便局から買い込んだモノ 主に食料を発送したのが今日到着。
10日もかからず、16キロもの荷物が6,000円足らず、、、。
とっても、イタリアなんかでは考えられない、もちろん日本でも。
ポーランドの真面目さがうかがえます。
d0073371_18321882.jpg
タッパーに移したハチミツは膨張したのか漏れ漏れでした。

d0073371_18334944.jpg
そのあま〜い香りで、さくらがな〜に?


# by fu-ai_classes | 2017-07-19 18:35 | 日々
旅の初めワルシャワ
成田から地獄のような11時間を経てワルシャワ入り。
空が広く街中に森のような公園があって人が少ない、、、
日本の喧騒に慣れっこになっている為か、もの寂しさの漂う街。
d0073371_08261137.jpg
d0073371_08263442.jpg
ワルシャワといえばエイドリアンブロディー主演の戦場のピアニスト。
ショパンのピアノ曲とともに甦る。
4泊して街中をブラブラしたり、トラムに乗って骨董市を冷やかしたり、素敵なレストランで食事をしたり、もちろんショパンコンサートにも行きました。
そのコンサートのパトロンにトヨタの名が出た時はちょっと嬉しくなったりしちゃって。
d0073371_08352289.jpg
d0073371_08353986.jpg
d0073371_08355694.jpg
時の流れがゆったり優しい街でした。

# by fu-ai_classes | 2017-07-19 08:40 |
ロクロ高機でヤノフ織
ヤノフ村のルチナさんの織り機を見て、、、あれ〜滑車を使っているけどこれってロクロ式のレラ・オ・レラで同じタイアップで同じ縦糸通しで織れる、、、
前に日本で試した方法は上糸ピックアップでなんとも分かりにくかった。
ロクロの高機で織れば自由に模様が出せるし、変に変換しなくともヤノフ村の方法をそのまま応用できるはず。
d0073371_19403164.jpg
d0073371_19411871.jpg
開口が悪いか心配しましたが、ヤノフ村の織り機より安定しているので支障なく織れました。
もちろん平織りほどの開口は望めるはずはありませんが二重織のすくいと同じことです。

d0073371_19460329.jpg
ポーリッシュウールを紡いでみました。
d0073371_19473493.jpg
留守中の月の港は、、、

d0073371_19484280.jpg
畑が草に覆われ、キュウリが馬鹿でかくなり、インゲンも固くなりかわいそう。
メダカが孵化してました、、、ボルドーは毛が抜けて白っぽくなてる。

d0073371_21043657.jpg


# by fu-ai_classes | 2017-07-18 20:04 |
ポーリッシュ・ウール
ヤノフ村に入っていろんなトコロに行った。
d0073371_21554618.jpg
d0073371_21560517.jpg
d0073371_21563068.jpg
泉さんが何頭かのフリースを譲り受けた。

d0073371_21580440.jpg
講習先のルチナさんの庭で早速、洗毛
こんなトコロでお湯はどうやって運ぶの???

d0073371_22001546.jpg
驚くことに、お湯どころか、そばにある井戸水も使わず、貯めてある雨水。
セッセとおじいちゃんが運んでくれる。
d0073371_22023348.jpg
私たちは洗を手伝いもせず、、、端の方から少しだけ貰ってきた。

d0073371_22050894.jpg
ホテルのヴェランダで乾燥、、、
あんな洗で大丈夫? ところが、解毛して驚くことに、ゴミや糞は残っているものの毛にダメージがかかっていない。

d0073371_22082674.jpg
ワクワク気分で今日待ちきれずカードをかけてみた。

d0073371_22093726.jpg
白とグレー、それぞれ50グラム位とっさに取ったのだけれど、、、
白、55グラム グレ−62グラムでした、しかも特別良い部位だったかな?

d0073371_22125107.jpg
これで、ポーリッシュ・ウールのマフラーが織れる。
d0073371_22140302.jpg
私が夢中でカードをかけている時さくらは逃げ出した、、、
炎天下探し探し、、、彼女もへばっているところを拿捕。
くたびれ果ててるさくら、、ッツタク〜


# by fu-ai_classes | 2017-07-16 22:21 |
ポーランド・ポーランド・ポーランド
d0073371_21343109.jpg
大きな森を抜けるとどこまでも続く麦畑と牧草地、、,緑の色の微妙な変化が綺麗
広い空に雲が浮かびコウノトリが飛んでる。
グリム童話や赤ずきんちゃん、ジャックと豆の木の世界が広がる。
d0073371_20352071.jpg
旅にもイロイロある
ナイヤガラの瀧、サハラ砂漠、エヴェレストなどの大自然紀行は足がすくむ。
ニュウヨークの町やMOMA美術館、ヴァチカン大聖堂、メジチ家宮殿など権力や富の象徴観光は わかった・わかったあなた方はエライ、、とゲップが出そう。
人間と自然が共存しているトコロがいい、、、美しい田舎が好き
ポーランド、フランスやトスカーナの農村も普通の人々が暮らしのためにコツコツ耕作して出来上がった美しさだ。
日本の棚田など見ると涙が出そうになる、、、。
ポーランドの旅は私のこれからの暮らしの羅針盤の一つ。
さて、生あるうちにどれだけ修正できるやら、、
ゆっくり歩いて行こうじゃないか、、、。
d0073371_21345907.jpg

# by fu-ai_classes | 2017-07-16 21:35 |
たらいま〜
d0073371_16021667.jpg
楽しかった、、、そしてくたびれた〜。
休み休み何とかみなさんに大きな迷惑をかけずに済みました。
もう今回が最後の旅かな〜
思い出し、味わいながらヤノフ織ツアーを少し休んでからアップしてゆきます。

d0073371_16073393.jpg

d0073371_16075077.jpg
我が家のヤギのボルドーもワンコのさくらも元気でお留守番出来ました。


# by fu-ai_classes | 2017-07-15 16:10 |
ブログの放棄
なんとかブログアップ可能になりましたが、iPhoneでの操作はイライラする。こんなにゆったりする時空にいるのだからやーめた!
写真はしっかり撮っおくので帰国してからポーランド紀行をアップします。
志乃ちゃんは能力が備わっているのででしっかりブログアップしています。そちらを参照のこと‼️
d0073371_15515205.jpg

ホテルの窓の眺め、涼しくて食べるものは最高です。
# by fu-ai_classes | 2017-07-04 15:36
ポーランドから
6月29日午後3時過ぎワルシャワ入りしました。地獄の11時間の飛行も限界でした、
d0073371_00500406.jpg

でも、ショパン空港でローマからの娘に合流できたら、やっぱり嬉しくなったり、、
d0073371_00500441.jpg

ワルシャワの町は空が青くて広くて、なんとも懐かしい所に誘われたようです。
意外と簡単にブログアップが出来そうです。
楽しみにしてください!
# by fu-ai_classes | 2017-07-04 00:23