春の嬉しいお便り
嫌なことばかり続く今日この頃、先日こんな喜ばしいお便りをいただきました。3年前、事情があって新たに資格を取ることになり、織りを続けられなくなってしまったM.! さん、、、、とても地味だけれど良い仕事を一人でコツコツ続けていたのに、、、、とても残念なことでした。レラ・オ・レラの織り機も手放したい、と辛そうでした。せっかく気に入ってこの織り機を使って下さった縁です。私は、では何年先かわからないけれど、また織りが再開できるまで買いもどしますので、その時まで預かります、、と約束し、時々、どうしているのかしら、、、と思い出してました。言語聴覚士の資格が取れた、とお便りにあって、よかった、、、優しく、ナイーブな彼女にピッタリな仕事です。また織りが再開できる日がそう遠くないよう祈っています。
d0073371_08201957.jpg

by fu-ai_classes | 2016-03-12 08:23 | 日々
<< 秦野市渋沢の蕎麦処くりはら 織り機 レラ・オ・レラの値上げ >>