カテゴリ:見たり聞いたり( 52 )
黄昏
d0073371_15320891.jpg
西部劇のガンマン、ヘンリー・フォードとキャサリン・ヘップバーンの黄昏を観た。体力も知力も失いかけている老ぼれ老人ノーマン、、ひよんな事から13歳の少年を預かる事になる。彼の寂しさ、悲しさをノーマンはつぶさに掬い取り、(この時のノーマンの表情はさすがです)説教じみたコト何ひとつなく、思春期の暗い危うさの中の少年を光の中に戻してしまう。老人力と言うのか老獪力はこうでなければ長生きの甲斐がない、、、自分を守るだけでは?
by fu-ai_classes | 2015-03-10 16:25 | 見たり聞いたり
羅生門
d0073371_18385181.jpg

ヨーロッパで日本映画の話になると必ず、羅生門、黒澤明、ということになる。今日じっくり映画館の大きな画面で観た。やっぱり名画中の名画、と思います。
by fu-ai_classes | 2015-01-13 18:43 | 見たり聞いたり
ニューヨークの魔女達
60歳すぎた頃から私は魔女を自称している。
d0073371_11154595.jpg
ニューヨークの魔女カタログが出版された。
d0073371_11175723.jpgd0073371_11222766.jpg
d0073371_11233455.jpg
d0073371_1136564.jpg





































いるもんですね〜皆さん迫力、、草間弥生も真っ青、負けますねー、もうお好きにすれば良いけれど〜
by fu-ai_classes | 2015-01-08 11:47 | 見たり聞いたり
マルタ・アルゲリッチ
d0073371_8233129.jpg

渋谷文化村で映画を観た、、、マルタ・アルゲリッチ” 私こそ音楽”、、意外と退屈な映画であった。彼女の娘が監督、アルゲリッチの悲しい程の危うく強烈な我、が中途半端にしか伝わって来ない。しかし、魅力的なヒトである事に変わりはないし、あんなに美人でも70を過ぎ何となくでっぷりして顎など肉がたるんでいる、、、でも彼女はだんだん素敵になっている。身に付けている物は安っぽい物のよう、おしゃれでもなく、お行儀も良いとは言えない、、、。娘の言葉に
”彼女は女神” そうかも知れない、、、きっとそう、、、。
d0073371_8425278.jpg

by fu-ai_classes | 2014-11-04 06:22 | 見たり聞いたり
青山での展示会
d0073371_638866.jpg

d0073371_640919.jpg

最終日にやっと間に合いました。2年程まえに、レラ・オ・レラをお求めいただいた方の作品展です。青山はもちろん、作品展を見るのも本当に久日ぶりでした。
by fu-ai_classes | 2014-10-20 06:46 | 見たり聞いたり
大いなる沈黙へ
d0073371_701476.jpg

昨日、岩波ホールで、グランド・シャルトルーズ修道院 大いなる沈黙へ を観てきました。人間ってすごい生き方ができる、、、。こんな世の中でも光はある、心の底の底から勇気が湧いてくるようです。そして、今、泉田宗健老師の”澤庵”を読んでいる。いつの時代も、どこの国でも堕落や腐敗があるけれど、聖 は必ず存在する。
    犀の角のごとく一人歩め、、、お釈迦さまの言葉
孤独とか寂しさに耐えかねてがやがや、ごちゃごちゃした生き方をしてしまうけれど、孤独を超えて自由な世界を心の中に確立しながら仕事をしたいものです。
by fu-ai_classes | 2014-07-14 07:29 | 見たり聞いたり
辺見庸 茅ヶ崎教会での 講演会
d0073371_17572359.jpg

講演会嫌いの私がめずらしく辺見 庸の講演会に一人で出かけた。同世代と云うことも大いにあるが、ジャーナリストとして大活躍?した後の、彼の書き物を読んだら、どのような人か、どのような顔付きか?直に見てみたくなった。彼の書き物は、文学的なアジ・ビラみたいなところがある、が、実物は静かなそして確かな言葉で語る男性でした。どんどん不可視な暴力の時代になる、、、あきれるが、諦めてはいない、、”取るに足らないモノ、無用と思われるモノ程大切に、自分の考え、素振り、立ち振る舞いを決めて行きたい、、、”とカトリック的でもあるし、禅的でもある結びの彼の言葉でした。
d0073371_18165187.jpg

脳溢血の後遺症で左半身に麻痺が残りその後2度の癌手術、、生きる、とは今生き延びている、と言うこと、と、、。画面中央左で帽子をかぶり前かがみになり退場するのが彼です。命がけで論陣を張っている。久しぶりに男性に出会えた感じがしました。
by fu-ai_classes | 2014-04-26 18:30 | 見たり聞いたり
ハンナ・アーレントとさよなら、アドルフ
今日は仕事がらみで神宮前へ、、歩いて青山通りへ、外国みたい~。クレヨン・ハウスでお昼、いっぱいで仕方なく、テラス席です。落合恵子さん頑張ってる。
d0073371_19261552.jpg

銀座に出て、鳩居堂、伊東屋で買い物、やはり、良い物が置いてあります。
d0073371_1931182.jpg

実は、昨日横浜で”、ハンナ・アーレント”をみた、、今日は、銀座シネ・スイッチで”さよならアドルフ”を観てきました。ユダヤ人の女性哲学者ハンナ、ナチス高官の娘ローレ、、、どうしてこうも人間同士傷付け合うのか、、言葉で上手く表現できないけど、世間から受ける情報に流されないように、、、自分が本当に、暑いのか?寒いのか?美味しい?まずい?と同じように、どの様に感じ・考えるのか、、、思考することが大事
d0073371_194649.jpg

by fu-ai_classes | 2014-01-28 19:47 | 見たり聞いたり
懐かしのマイヨール・
  
最近あまり耳にしなくなった彫刻家マイヨールをモデルにしたフランス映画を観た。
d0073371_18195226.jpg

自然讃歌、、老芸術家も自然の一部になりきって、自死を選ばず完結できると良かったのに、、、モノクロの画面はきれい、淡々としてモデルと芸術家を映し出している。

     おまけ
たくさん、大袋一杯自家製干しシイタケと最上質なジャコが偶然にも別なところから到来しました。これは佃煮を作るしかないですね!多分大なべ2杯はありそうで~す。
d0073371_18334353.jpg

by fu-ai_classes | 2013-11-29 18:35 | 見たり聞いたり
通し狂言・義経千本桜
d0073371_8313467.jpg

久振りの歌舞伎座、、いつもながら、あまりはっきりと話のスジは解らない、義経絡みではあっても、あまり彼に直接の関係はない、多分一番理解出来たのはフランス人のシルビア。私に特別の贔屓はないが、仁左衛門のちょい悪役は良いかも、、、彼も、菊五郎も年をとった、、。スジは辻褄が合わないが、でもユーモアとペーソスは盛り沢山、歌舞伎はやはり庶民のモノ、、それを忘れてくれるな~。
by fu-ai_classes | 2013-10-06 08:53 | 見たり聞いたり