<   2013年 06月 ( 12 )   > この月の画像一覧
7月の開講日
d0073371_17442694.jpg
       水曜クラス、、、、3日・10日・17日

       木曜クラス、、、、4日・11日・18日
       
       金曜クラス、、、、5日・12日・19日

       土曜クラス、、、、6日・13日。20日

7月24日から待望の麻績村研修です。今年は宿泊先もしっかり確保できました。
8月は夏休みです~。小さくてかわいい雨蛙、、カエルって股関節がやわらかそう、、、ね!
d0073371_1758032.jpg

d0073371_1844652.jpg

伊豆河津でマンゴーを栽培している温室をみました。大きな温室いっぱい、たわわに実るマンゴー、、。、怪しげな程美しいアップル・マンゴー、、、エバがアダムに勧めたのは、このくだものではないかしら~。
by fu-ai_classes | 2013-06-30 18:19 | 開講日のお知らせ
自然薯と華麗なるギャスビー
d0073371_20191729.jpg

d0073371_20213818.jpg

パソコンのお助けマンのミスター・ウメモトが手塩に掛けてる自然薯の栽培畑を見学しました。この蔓と葉は染料にどうですか ??と、、どうでしょうかね~。ムカゴとお芋のほうが魅力あり、、です。600本収穫予定とか  
d0073371_20313011.jpg  
d0073371_20332035.jpg
  
d0073371_20345492.jpg
  
華麗なるギャスビー
100年前のニューヨーク,退廃の極みの中の、 女性のしたたかさ、、男性の純情、、
あ~あ!でした。衣裳は評判どうり素敵。   
by fu-ai_classes | 2013-06-26 20:47
F夫人からの差し入れ
d0073371_1723407.jpg

d0073371_17262859.jpg

さすがF夫人の手作りケーキ、、ごまかしの無い素直な美味しさ、少し厚くカットして贅沢なおやつ。ごちそうさまでした!
d0073371_17341563.jpg

       愛しのさくらが、腎臓結石、、、レントゲンに2つの石が現れました。
       養生食を食べて今日で3日め、、、少し元気になりました。
by fu-ai_classes | 2013-06-20 17:39 | 日々
麻績村講習会(2)
   麻績村講習会の宿泊場所に新しく 貸別荘を用意できました
   とても心癒されそうな静かな所です。
d0073371_13501931.jpg

   前回の(お待たせしました・信州・麻績村での・風あい工房講習会) と合わせてご覧ください
by fu-ai_classes | 2013-06-20 13:54 | 講習会
うちわ張り
d0073371_8582938.jpg

学生時代、夏休みに入る前,実技集中週間と言って英語や数学や繊維工学・繊維科学などの学問?がなく、一日中織・染をしていられる期間があった。そのうえ毎年、製本、うちわ張り、姉様人形、、などの職人さんがいらして、その技を学ぶことができた。それで、私は和紙の扱い方も勉強できた訳です。
d0073371_994230.jpg

友人がうちわの骨が手に入った、と、届けてくれました。さっそく、柿渋染の和紙と、習字の反故でうちわ張りをしました。フランスから友人達が、この蒸し暑い日本に来ています。暑さお見舞いにこのうちわが役にたちます。私達が卒業してまもなく、どういう訳か職人さんたちを招聘することはなくなったそうです。私はやはりその頃工芸科の主任教授でいらした、柳 悦孝先生のオオキサに感謝です。
by fu-ai_classes | 2013-06-18 09:32 | 日々
お待たせしました・信州・麻績村・風あい講習会
7月24日から31日まで信州麻績村で染織講習会。日頃風あい工房の創作活動に興味のある方、お待ちしています。内容はイロイロ・サマザマ・ナンデモ、、、。例えば、絹糸を着尺用に植物染料で染める・原毛を染めカード機にかけて正しい紡ぎかたで糸にする・マットを織る・変化織のサンプルを作る・藍染をする・などなど
希望するモノ
d0073371_14243663.jpg

     講習費、、、2日間、、、20,000円
             3日間、、、25,000円

             材料費・宿泊費別途    
      
  宿泊場所
 
d0073371_12131576.jpg


   風あい工房で期間中貸別荘を用意いたしました。
   料金等に付いてはお問い合わせください。
   
   尚会場近くにも宿泊施設もございます。
   シェーンガルデンおみ
      こちらは各自で予約してください。

   講習会に興味のある方は連絡下さい。細かい説明をいたします。
   一人でもグループ参加歓迎
   天然酵母パン・酵素玄米飯・お焼き等・おまけ体験もありです。
   もしかすると、シルクスクリーンや謎の健康法のお楽しみも、あり、、。
by fu-ai_classes | 2013-06-17 14:53 | 講習会
スコットランドみやげ
d0073371_1439520.jpg

マドモアゼル・エグチが無事スコットランドの旅から帰国しました。ハリス・ツイードのサンプルや端布、カードまえの原毛、、、。さすが、チェックの柄・色はため息が出る程、素敵。日本のホームス。パンの布とは別物です。まあスコットランドで、工業的に作られた布と産業革命以前、、もしかすると、ルネッサンス以前の作り方をしている日本の作家モノとは比べようがありませんが、、、私たちのモノは繊細で風合いの良さはダントツ。彼の地では、布と言うより、羊の毛を固めて、動物の皮のようなものをジャケットに仕立て、人間の体のほうが、その器に合わせて着る、、、ような感じに思えますが、彼らは胸板も厚く、日本人の体格と違うからあれで良いのかも、、。
d0073371_14593665.jpg

こんな風にツイードを着こなせるなんて、、、洋服文化の歴史の厚みの違い、、、。でも、ハリスツイードの年間生産量の半分が日本向けとか。日本人もすきですね~。でもいつになったら、こんなに洒落て着こなせるようになることやら、、、、、2・300年かかりそう。
d0073371_158857.jpg

    クッキーも紅茶もチョコレートもおいしく、サクラが離れません。
by fu-ai_classes | 2013-06-16 15:12
6月14日・もっと雨がほしい
d0073371_1345021.jpg

木綿千鳥格子でご主人のハンティングになりました。サラットして品の良い出来上がりにご主人も大喜びでフジモリ嬢の株が上がりました。50×100㎝で仕立てられるので、皆さんも挑戦しましょう。
d0073371_13541690.jpg

洗毛済みの英国産チェビオット、5キロが届きました。夏の麻績村研修で色々に染めて、クロス・カード(原毛を混ぜること)してサンプルを作ったり、紡ぎの練習したり、、、。近頃は、ニュージーランドやオーストラリアの原毛がおおく、チェビオットのような、ダウン系(短毛種)が手に入り難い、、ペレンデェールのようにある程度の長さのある原毛は紡ぎ易いようですが、指を痛め腱鞘炎になりそう、、、オーソドックにダウン系の原毛が空気を含み紡毛の良さがでて、私は好きです。
by fu-ai_classes | 2013-06-14 14:09 | みんなの作品
6月7日
d0073371_2014981.jpg

ミセス・マスミズ、千鳥格子の服地が織り上がりました、、何メートルあるかしら~、機から下す時のドキドキ感は格別です。
d0073371_20201284.jpg

              フジモリ嬢のネックウエアーも完成しました。
d0073371_20231612.jpg

マダム・サエグサ、1日体験でシルク・リネン・カシミヤのパープル系のショール完成です。
d0073371_20304911.jpg

着尺と真綿入りの羽織の仕立てをミセス・ボウショにお願いしてます、、まだまだ未熟な織でも(作者の言葉)
それなりにきちんとしかも洒落て仕立ててくれるので、大助かりです。
by fu-ai_classes | 2013-06-07 20:39 | みんなの作品
エコ・セーター
d0073371_17485011.jpg

マンマ・ヤマムロ作、、、織り捨て部分の糸を集めてセーター、、継ぎ目が裏にピヨンピヨン出て暖かい。シャガールの油絵のような素敵な色合い、、織り捨ての糸だけでなく、新しい糸も一本添えてあるのよ~とご本人。
d0073371_17563184.jpg

       フランスのおみやげ、チョコレート、、日本茶でいただきました。
by fu-ai_classes | 2013-06-05 18:00 | みんなの作品