<   2014年 12月 ( 20 )   > この月の画像一覧
ありがとうございました
d0073371_9485733.jpg

今年一年ありがとうございました。いろいろな発見、出会いに恵まれた年でした、、、さて、2015年は?いかなる年になりますことやら。出来る事なら、出会いも発見も狭くとも深く豊かに味わえる一年にしたいものです。今年最後に前々から欲しかった銅の薬缶を買いました。毎朝、お茶を一服。
by fu-ai_classes | 2014-12-30 09:58 | 日々
正倉院の謎
d0073371_874175.jpg
d0073371_882439.jpg

正倉院を初めて見た、中学校修学旅行の時から、ズート不思議でならないことがあった。宝物の貴重なことはともかく、1300年もの間、こんなに柔な倉庫で良く持ちこたえられたもの、、、今とちがって、頑強なシェルターばりで耐震装置やセキュリティーシステムもなく、どうしていたのか??
d0073371_818532.jpg

やっぱり、、、ヤマト朝廷、凄い手を使う、、。小説ではあるものの、謎が解けました。ミセス・ミヤジマが私が好きそうだからと、送って下さいました。お正月に、と楽しみにしていたのですが、ここ2・3日風邪気味を良いことに読破してしまいました、、、これでは、いつまでも掃除できないワ!
by fu-ai_classes | 2014-12-29 08:26 | 日々
あっぱれマダム・オディール
d0073371_8482613.jpg

13枚ものマフラーを完成させて一族揃って、チーズ、気難し屋のご主人、ジャン・ジャックもマフラー巻いてます。(カメラ目線でないところが彼らしい。 オディール、やりましたね!
by fu-ai_classes | 2014-12-27 08:58 | 日々
マドモアゼル・クロエ
d0073371_17344158.jpg

d0073371_17353621.jpg

フランス・ブッサンソンから、ママのお里帰りのお供です。ママのおしゃべりに付き合うより早く織物をしたい、と一心不乱にランチョン・マットを織りました。もちろん、パパの分もです。
by fu-ai_classes | 2014-12-26 17:41 | 日々
主の御降誕おめでとうございます。
d0073371_13463570.jpg

          御国が来ますように、、、、、
by fu-ai_classes | 2014-12-25 13:48 | 日々
クリスマス・イヴ
d0073371_19575631.jpg

d0073371_20135947.jpg

d0073371_201565.jpg

d0073371_20173456.jpg

d0073371_2018274.jpg

数年前に高級ケアー・マンションに織り機を持って入居されたS夫人から、ようやく、体の調子がよくなったので、織物を再開したい、と要請があり、クリスマス・イヴの今日行ってきました。横浜から地下鉄ブルー・ラインに乗って、駅から公園のせせらぎ沿い、雑木林の中にある素晴らしいマンションでした。おさんどんからも解放され、センスの良いS夫人、織物三昧、、、羨ましくなります。
by fu-ai_classes | 2014-12-24 20:28 | 日々
帰省のお土産
d0073371_15243850.jpg
故郷の皆さんに、、と暖かなマフラーのお土産。ミヤジマBさん、せっかく始めた織物、皆んなにおすそ分け、少し縮絨が甘いかな?でも、でも喜ばれることは確実。
by fu-ai_classes | 2014-12-23 15:30 | みんなの作品
特製、昆布と椎茸の佃煮
d0073371_19122298.jpg
いつも、意外と評判の良い佃煮を鍋一杯に作った。チョットしたお土産に喜ばれる。昆布・椎茸・シメジ・お醤油・お酒・味醂・お砂糖・鰹節粉、、美味しく作るコツ、、それぞれの素材を可能な限り良い物を使うこと、それだけです。
by fu-ai_classes | 2014-12-22 19:19 | 日々
フランチェスコのオリーヴ・オイル
d0073371_7461493.jpg
オリーヴ・オイル5リットル2缶届いた。今年はローマ近郊、Montelibretti村周辺ではオリーヴの実が壊滅状態らしい、が、フランチェスコの農園ではパパが頑張ったおかげで、平年並みのオイルが絞れた、、と喜んでいたのに、いざ出荷となったら、農園のラヴェルが無い。さすがイタリアーノ、呑気なものだ、、、ジャポネーゼだったら当然事前に確認して、補充しておくけどね〜
d0073371_818297.jpg

by fu-ai_classes | 2014-12-22 08:27 | 日々
フランス・ブッサンソン便り
夏の終わりに旅した、ブッサンソンから冬の便りが届きました。
d0073371_16582939.jpg

d0073371_16593864.jpg

ブサンソンはフランス東部のスイスとの国境に近い街です。ヴィクトル・ユーゴーや映画のリュミエール兄弟の生家などがあり、ユネスコの世界遺産に登録された中世の城壁が街をぐるりと囲んでいます。秋休みが終わった頃から早々とクリスマスのイルミネーションが取り付けられ、12月に入ると待ち構えていたように灯がともりはじめました。
d0073371_1783416.jpg

d0073371_17195325.jpg

広場ではいろいろなイヴェントがあり、サンタさんと写真を撮ったら、サンタさんからお決まりのパピヨンをプレゼントされます。パピヨンというのは、ピラピラの紙に包まれたクリスマスに欠かせないチョコレート菓子。包みの内側にはクイズやジョークが書かれていて、中身はマジパンやフルーツゼリーのこともあります。 (10歳になるマドモアゼル・クロエはマルヴィッソン村での織りのワークショップで作ったマフラーでご機嫌です。)
by fu-ai_classes | 2014-12-21 17:30 |