お客様
昨日は東京・下谷から懐かしいお客様が尋ねてきました。
以前、工房に通われてた薮さん、来春から都立大学駅の近くで織物教室を開くそうです。
そこでは気楽に楽しめる折りたたみ卓上機を使ってのクラスです。

d0073371_08515716.jpg
d0073371_08355567.jpg
d0073371_08523005.jpg
数ある袋のデザインから一番左の可愛い柄を選びました。
風合い工房オリジナルのこの卓上機はフランスでのワークッショプのために開発したのですが、日本でも結構人気があります。ただし、便利なだけに少し扱いにコツが必要です。
薮さんは独特な色のセンスの持ち主、素敵な教室になると思います。
楽しみです。
薮さんのURLhttps://itsubi.blogspot.com

# by fu-ai_classes | 2018-10-22 08:43 | 日々
10月20日土曜日クラス
各曜日のクラスそれぞれ特色がある、、、
土曜日クラスは若い方が多いせいか、無駄なおしゃべりが無くとても良い気分で1日が終わります。
風あい工房では、ほどほどのおしゃべりは結構、でもあくまで織りが主役。
d0073371_17193281.jpg
紙糸を洒落たテーブルランナーに織ってプレゼント用の注文とか、
マドモアゼル・エグチ作。
d0073371_17220491.jpg
ティータイムに抱きしめられるサクラ、、可愛いって得。
d0073371_17231123.jpg
向かって右の繭が普通、真ん中が上手にできた玉繭、左がストレスでいっぱいになった玉繭。
無理やり、狭いところに嫌な奴と一緒に入れられ、いやいや繭を作ったんでしょうね。


# by fu-ai_classes | 2018-10-20 17:28 | 日々
繭完成、集蚕
ピユアー・マイ・ソウル蚕が糸を吐き上蔟から一週間、今日、繭を蔟から外し集蚕しました。
d0073371_18294523.jpg
春蚕の曙という種類と違って少し緑色を帯びた繭です。
約、5,000頭の蚕から6キロの繭ができました.
春蚕と秋蚕のまだ2回の養蚕ですが、とても神秘的な気分になります。
d0073371_18355303.jpg
故意に、玉繭(二匹の蚕が一つの繭を作る)を作りたくて、紙の卵パックの一室に二匹の蚕を押し込んでみたが、思うように玉繭になってくれなかった。
どうしても一匹づつ繭を作りたいみたい、、、ちゃんと意思があるのです。
d0073371_18422590.jpg
d0073371_18424690.jpg
ほんの数個玉繭になってる、、、右が玉繭、大きいでしょう、
d0073371_18443475.jpg
そして、こんなに綺麗な毛羽が取れた。繭の一番外側の部分。
d0073371_18460770.jpg
養蚕が無事終わったので、来春まで桑葉が要らないから、山羊たちにあげました。
d0073371_18475007.jpg
一番好きな葉、、、栄養があり体に良いこと知っている。
d0073371_18490213.jpg
藍畑も種を取り、掘り起こしたので、茎をあげたら、、ふ〜ん。
d0073371_18510460.jpg
    晩秋になって真っ赤な赤とんぼ。

# by fu-ai_classes | 2018-10-19 18:55 | 日々
寒くなりそう、、、
d0073371_17243814.jpg
    マフラーが多くなりました。
# by fu-ai_classes | 2018-10-18 17:26 | みんなの作品
マフラー仕上げ
先日、マフラーの織りの体験希望者2名がみえました。
別々の日ですが、それぞれお好きな色の経糸を織り機にかけて、自由に横糸を選んで織っていただきました。
d0073371_17300247.jpg
機織りは小さな物だけで、マフラーなどすぐに使える物は初めて、、、
とても楽しかった、、と、満足されてお帰りになりました。
今日、ようやく縮絨仕上げが出来ましたので、明日にでも送る予定です。
それぞれ、その方の個性が光る素敵なマフラーになりました。

# by fu-ai_classes | 2018-10-17 17:41 | みんなの作品
秋深まる
ようよう、季節が安定したようです。
教室ではウールを扱う人が増えました。
d0073371_19594554.jpg
蚕室では無事に蔟に入り繭を作っています。
d0073371_20011771.jpg
d0073371_20013341.jpg
5,000頭ほどの蚕が回転蔟に入った様は壮観です。
蚕もお世話してくれた古川さんも舞子ちゃんも褒めてあげたい。
d0073371_20041278.jpg
そして今日、何年ぶりかの銀座に出かけた。子供の頃から一番好きだった銀座はもうない、、、全く別の味のない街になっている。
d0073371_20070711.jpg
ギンザシックス、6回の蔦屋で写真集を買う。
d0073371_20083879.jpg
伊藤 さんのご主人、星野正樹さんの不思議なネコの本です。
d0073371_20101752.jpg
d0073371_20103012.jpg
このビルで安心していられるのは、ここ本屋さんだけ、
d0073371_20113765.jpg
あとは、眩しいだけ、私の生活には不似合いなところでした。
d0073371_20220873.jpg
渋谷に出て、松濤のギャラリーTOMで伊藤佐知子さんと待ち合わせたつもりが、
日にち間違い、、彼女は今日、京都です。私の手帳に16日と書いてあるしメールにも16日とあるのに。
突然悪魔に頭をやられる、、、明日ボケ外来行きかな〜


# by fu-ai_classes | 2018-10-14 20:18 | 日々
蚕の上族
昨日から少しずつ蚕が糸を吐き始めました。さきがけグループ。
d0073371_17094258.jpg
d0073371_17100707.jpg
4,000頭の蚕を丹念に糸を吐き始めそうな子を選びます。
d0073371_17130455.jpg
   数を数えて、、、
d0073371_17135736.jpg
重なったまぶし(繭を個室で作るための蚕のアパート)の上から、ザーッと落とします。蚕にしてみればエッフェル塔の上から突き落とされるよう、、、イエ、東京タワーですよね。
d0073371_17154201.jpg
上から下までどこかのまぶしに引っかかりそこで、自分の気にいる部屋に落ち着き糸を吐き始める。

d0073371_17173773.jpg
蚕が繭を作り始めるのを上族。これに立ち会えたクラスはラッキー。
d0073371_17175355.jpg
そもそも、このピユアー・マイ・ソウルという蚕の種はメスより雄が1日遅れで上族するのに、今年の気温の変化が激しく、ばらつきが大きいよう。3・4日かかりそう、、、。

# by fu-ai_classes | 2018-10-10 17:24 | 日々
羊の毛刈リバサミ
秦野にある北欧のビンテージショップにフラリと入った。
下の棚から大きな変わったハサミらしき柄が見えた、、、手に取ってみたら〜
これって、羊の毛を刈るハサミ?店員さんに聞いたら、さあ〜
そうよね、こんなオタクなモノ知らないわね、
d0073371_20385722.jpg
d0073371_20440891.jpg
よーく見ると、確かに小さな羊が彫り込んである。
もう消えかかっているけど。
今は大きな電動バリカンで刈ってしまうけれど、一昔前はこんなユーモラスな鋏を使っていたのですね。
3,000円で買ってきました。
一度これでさくらの毛を刈ってみましょうか、、
さくらがギョットして耳を立てた。ウソ・ウソ・冗談


# by fu-ai_classes | 2018-10-08 20:51 | 日々
夏日に逆戻り
ようやく、涼しさに慣れたと思ったら、また暑くなってしまった。
蚕は5令でそれでなくとも大食い種のピユアーマイソウル(ネーミングと違う)バンバン桑葉を食べ、すご〜く太ってきた。背中に黒い斑点のあるのがメスです。
d0073371_21042295.jpg
桑の葉をあげて、鎌倉へお茶のお稽古へ、、、。
d0073371_21055174.jpg
d0073371_21052845.jpg
2時間ほど至福の時を過ごし、帰ってすぐまた桑を与え、弾けた綿花を積んで、忙しい1日でした。

# by fu-ai_classes | 2018-10-07 21:10 | 日々
10月5日
d0073371_17505973.jpg
ボルドー君おはよう、、、なかなか秋晴れの気持ちの良い日がないわね〜
d0073371_17522519.jpg
去年のお飾りしていた稲穂をあげたら、ヤギにとっても米って美味しいんですね、
ぽりぽり、美味しそうに、、、
d0073371_17575405.jpg
昨夜、桑葉をたっぷり与えておきました、
d0073371_17590963.jpg
朝にはこのように葉を食べつくし、葉脈の上で新しい葉を待っている。
d0073371_18005923.jpg
ウールリネンのショール、薄手ですが、季節を問わず使えて重宝します。
d0073371_18025718.jpg
90過ぎのお婆様からの綺麗なピンク色のショールを、と希望されました。
白髪なのでとてもお似合いになりそうです。
いつまでも女子。


# by fu-ai_classes | 2018-10-05 18:08 | 日々