ヤノフ織りのルーツ・3
ムッシュ・キノシタ、広幅の織物を持ってきてくれました。

紡績糸と見まごうほどに固く・細く紡いがれたウール糸で織られた布。
各地方により色や模様が違う。
d0073371_16540342.jpg
d0073371_16545904.jpg
d0073371_16550885.jpg
d0073371_16554624.jpg
d0073371_16555883.jpg
d0073371_16594445.jpg
d0073371_17001718.jpg
このように正直な布はご多聞にもれず、今ではどれも手に入らないモノ。
この賑々しい色合いは南米ならでは。かなり古いものでも、化学染料が使われているよう。ボリビアにはヨーロッパの化学染料がいち早く入ったそうです。
この広幅の布をスカートや風呂敷として使い、前回紹介した紐で括って使うようです。

by fu-ai_classes | 2018-04-29 17:12 | 日々
<< カルトンの完成 ヤノフ織りのルーツ・2 >>