養蚕記録14
5月末から始まったお蚕さんとのお付き合いも無事終了です。
d0073371_02214055.jpg
今朝、蔟から外した真っ白な繭、、、5キロ。
改良 曙 と言う種類の繭、これで着尺の縦糸一反分。
分かり易く言うと着物半分です。
d0073371_02264087.jpg
早速、煮繭して生糸をとります。
d0073371_02281438.jpg
慣れた手つきで糸口を集める古川嬢。
d0073371_02293092.jpg
座繰りで30粒の糸を引き出す、、、約90デニール。
d0073371_02312941.jpg
糸を吐き繭の中で脱皮して蛹になって、居心地の良く眠りに落ちている時に煮繭され繭を取られ、コロン、、と蛹が残ります。
哀れ、な気もしますが、卵が孵化してから、食べては寝て、食べては寝て、を4回繰り返し、繭を作り、安らかに眠りについている間に、命が終わる、しかも誰かの役に立ち、、、
ある意味、生き物冥利に尽きる、ような気もします。
お蚕さんに敬意を表して、新しい蛹をみんなで一つずつ食べました、、ナッツみたいで滋養の塊。
蚕は死して糸とエネルギーを残す、、、。

d0073371_02444772.jpg
その間、胡桃の実で糸を1キロ、無媒染で染め上げました。
その上、17日に迫った繊維博物館でのお話会の打ち合わせも順調に終わり、蛹の味のように濃厚な1日でありました。

by fu-ai_classes | 2018-07-03 02:55 | 日々
<< 月の港マップ くるみの採集 >>