僧衣
7月、胡桃で紙糸を染め、8月に一匹分の反物に織り、暑さの治った9月末、京都の法衣屋に仕立てをお願いして、今月5日に出来上がり手元に届きました。
箱を開けるなり、、、なんかガッカリして、広げる気に成らないまま、今日、御老師にお渡しする日を迎えた。
d0073371_21554410.jpg
早速、着ていただき、嬉しそうなお顔になられ、、、ホッといたしました。
私としてはいろいろあり満足の行くものではなかったけれど、さすが御老師に着ていただくと、良く見えるじゃないですか、、、、
今年最大のイヴェントが落着しました。
d0073371_22025553.jpg
いつもは藍染めの麻の衣をお召しになられ、
たまには気分転換に胡桃染めを楽しんでください。

by fu-ai_classes | 2018-11-07 22:06 | 日々
<< 秋蚕の糸繰り 秋の駒ヶ根紀行 >>