カテゴリ:日々( 872 )
ご近所から体験
地元二宮で40年も工房を持ちながら、知る人のない謎めいた隠れ工房。
ここ1年ほど駅から工房まで道に迷う方が多く、あっち・こっちで聞くのです、、
染織工房どちらですか?さ〜あ、、知りません、、、
山羊がいるらしいです、と言うと、あ〜あ、あそこだ、と、なる。
そんなことから、昨日、同じ町内の方がマフラーの織り体験にいらした。
d0073371_21183549.jpg
d0073371_21185446.jpg
70代のお母様と40代のお嬢さん、、、こんな親子って羨ましい。
d0073371_21203618.jpg
張り切って、お弁当を作りました。
昨日、今日と4人の体験者を迎えました。


by fu-ai_classes | 2018-11-12 21:28 | 日々
秋蚕の糸繰り
春に飼育した蚕は改良あけぼのと言う種でした。
秋蚕はヒィユア・マイ・ソウルと呼ばれる種です。
生の繭を冷凍保存したものを糸に繰ります。
d0073371_19001011.jpg
1度や2度の経験ではなかなか案定した糸にはなりませんが、お勉強です。
急な雨に山羊がメエ〜メーメエ〜なき通し、、、
山羊使いのおじさん頑張って小屋まで引っ張りますが犬のようには動きません。
d0073371_19070684.jpg

by fu-ai_classes | 2018-11-09 19:07 | 日々
僧衣
7月、胡桃で紙糸を染め、8月に一匹分の反物に織り、暑さの治った9月末、京都の法衣屋に仕立てをお願いして、今月5日に出来上がり手元に届きました。
箱を開けるなり、、、なんかガッカリして、広げる気に成らないまま、今日、御老師にお渡しする日を迎えた。
d0073371_21554410.jpg
早速、着ていただき、嬉しそうなお顔になられ、、、ホッといたしました。
私としてはいろいろあり満足の行くものではなかったけれど、さすが御老師に着ていただくと、良く見えるじゃないですか、、、、
今年最大のイヴェントが落着しました。
d0073371_22025553.jpg
いつもは藍染めの麻の衣をお召しになられ、
たまには気分転換に胡桃染めを楽しんでください。

by fu-ai_classes | 2018-11-07 22:06 | 日々
明日31日のランチの件
明日、手巻き寿司のランチを、とご希望の水曜クラスの皆様
残念ですが、やはり魚久さん閉店最後の日なので予約の刺身作りは無理でした。

d0073371_11450747.jpg
      ごめんね〜

by fu-ai_classes | 2018-10-30 11:45 | 日々
秋の1日
d0073371_18315250.jpg
気持ちよい陽射しで洗った原毛も綿花もよく乾燥しそうです。
d0073371_18360313.jpg
去年ポーランドツアーでご一緒した方が遊びにいらして、ザーサイの畑にへ〜。
d0073371_18483419.jpg
午後から鎌倉小町にあるスエーデン織りスタジオ、ヒュゲリへ、、、
d0073371_18495316.jpg
ポーランド・ヤノフ村でお世話になったルチナさんが来日、ワークッショプをされていました。再会にハグをして、またポーランドで会いましょう、、、と。
今年参加されたキタさん、素敵な方で、西荻窪でHin plus 世界の手仕事と雑貨のお店のオーナー。
彼女の名刺に旅する雑貨屋と書いてありますが、彼女自身まさに旅する看板娘?
一度お会いしたら、絶対お店に行きたくなります。
d0073371_18593043.jpg
また、この名刺可愛くて、イラストがそっくり、、、
耳も首も腕も指もあらん限りのアクセサリーをいっぱい付けているのに不思議と嫌味がない。
可愛い菩薩様のようでした。(昔、仏像を見分けるのに一番アクセサリーを多く身につけているのが菩薩様と教わりました。)
もう一つ、素敵な出会い、、、
同年代のヒュゲリのオーナー古基 裕子女史。
年を重ねなければ、あの味出せません。
私が紹介されたら、もしかして、ランチを出す工房の方? と?
そんなに工房のランチって有名? や〜だな、、、
誰かが、今こそランチ付きのワークショップもあるけれど、風あい工房はその草分け的存在でしょう、と、良いんだか、悪いんだか???
また、元気になったら、少しずつランチを提供しないとね〜
スローアートの藤田さん、ルチナさんはじめ女性達は年齢も国もボーダーレスで皆さん素敵に輝いていて嬉しくなりました。


by fu-ai_classes | 2018-10-29 19:25 | 日々
柿三昧
d0073371_14081059.jpg
ゆっくり柿の皮むきを始め、午後2時頃には50個余り全てむき終え、日が高いうちに干すコトができました。この始めの干しがどうやら大事なようです。鳥取のTさんが関東地方のお天気を睨みながら、GOOD TIMINGで発送してくれるおかげで、今まで一度も一つもカビが生えたコトありません、、、この二宮の暖かいところで。ありがたいコトです。
毎年、ここ5・6年この干し柿作りをしていますが、年々寄る年波を感じています。
いつまでできるかな〜
d0073371_14075320.jpg
月の港に隣接するジャングルのような薮があります。
2年ほど前までは草も刈り柿や、はっさくなどが鈴なりでした。持ち主にお断りして蔦を払い、草を山羊にあげるようにしました。もうこのままでは今年を最後に枯れてしまいそうな柿のきに実がなってます。
もったいないですね〜山羊が柿の実大好き、、、。

by fu-ai_classes | 2018-10-28 14:28 | 日々
久しぶりのランチ
左手の腱鞘炎が辛くなり、しばらく工房のランチをお休みしています。
27日土曜日クラスでは何となくランチを作りたくなりました。
d0073371_19034735.jpg
毎年、秋の香りを確かめたくて、菊の花を食べたくなるのです。
秦野から舞子ちゃんが安くて新鮮な菊の花を買ってきてくれました。
d0073371_18594587.jpg
早速、カブと柿を菊の花で和えてサラダに仕立てました。
中華風五目豆、ダルカレーにターメリックライス。

d0073371_09010983.jpg
そして、今年もまた鳥取から西条柿が届きました。昨年は3箱お願いしたのですが、腱鞘炎の手を慮って2箱。でも柿を目前にしたら、この2箱の柿を剥く勇気がなくなり、1箱は舞子ちゃんに助けてもらうことにしました。
さ〜あ今日は頑張って一気に剥いて干しましょう。
老体にムチ打つってこのコト。
食べるコトにはムチでもムリでも頑張る老婆。

by fu-ai_classes | 2018-10-28 09:09 | 日々
スぺルト麦
d0073371_19053765.jpg
スペルト小麦の種を注文しました。驚きの高値です、、、
3センチ四方の袋に入った、五十粒で5,420円です。
d0073371_19082250.jpg
聖書に一粒の麦、のたとえのように、
地に蒔き増やしに増やして欲しいひとみ〜んなあげちゃう。

by fu-ai_classes | 2018-10-27 19:38 | 日々
北海道の原毛
d0073371_10023186.jpg
待望の原毛が届きました。
某研究所の原毛を帯広市音更町の中村農園の友人が車のトランクに詰めるだけ積んで運んでくれました。
市場に出回らないものです。国産の羊毛でも短毛でこんなに弾力があって手紡ぎに最適な毛が手に入るなんて感動です。近頃、何カウントで、クリンプがどうの、長毛だの短毛だのと頭でっかちなことを言うのがこだわりのように思う人が増えてますが、チョット違うような気がしている。確かに大量生産で工業的なものには必要なデータでしょうが、私たちは、あくまで手の仕事で、手で触り、紡いで、どうか、、、自分の感性に従う方が面白い、、とオモウ、、。
私は時流に反するようなこと言うから、困ったちゃん。
d0073371_10161971.jpg
さてさて、急に涼しくなった月の港では、、、
d0073371_10181442.jpg
d0073371_10183240.jpg
綿花がなかなか弾けない、、、
d0073371_10192094.jpg
蕎麦の畑は、ほぼ壊滅状態、、、
d0073371_10200995.jpg
ミゾソバの花と、
d0073371_10205253.jpg
     蓼の花、紅白で綺麗
d0073371_10214096.jpg
大根、元気です、もう少し間引いた方が良いかな〜間引くのって勇気がいる。
d0073371_10230161.jpg
ルッコラは〜良いところ、山羊に食べられっちまった。
d0073371_10241427.jpg
ブランドの内藤辛子、もうすぐ収穫できそう。
d0073371_10253503.jpg
レモンも大きくなって楽しみです。

by fu-ai_classes | 2018-10-23 10:29 | 日々
お客様
昨日は東京・下谷から懐かしいお客様が尋ねてきました。
以前、工房に通われてた薮さん、来春から都立大学駅の近くで織物教室を開くそうです。
そこでは気楽に楽しめる折りたたみ卓上機を使ってのクラスです。

d0073371_08515716.jpg
d0073371_08355567.jpg
d0073371_08523005.jpg
数ある袋のデザインから一番左の可愛い柄を選びました。
風合い工房オリジナルのこの卓上機はフランスでのワークッショプのために開発したのですが、日本でも結構人気があります。ただし、便利なだけに少し扱いにコツが必要です。
薮さんは独特な色のセンスの持ち主、素敵な教室になると思います。
楽しみです。
薮さんのURLhttps://itsubi.blogspot.com

by fu-ai_classes | 2018-10-22 08:43 | 日々