<   2018年 08月 ( 17 )   > この月の画像一覧
和綿の実がはじける
d0073371_17022429.jpg
最前列、向かって右側の綿花早くも弾けました。
d0073371_17034713.jpg
d0073371_17040565.jpg
さくらが蕎麦畑に入り込む、、、ボルドーみたいに踏み荒らしません、
賢い、、、。
d0073371_17054095.jpg
    ザーサイも芽が出ました。
d0073371_17064935.jpg
今日はお弁当を3っつ作りました。海苔段々、万願寺とうがらし、豚肉ピリ辛炒め、インゲン豆。
お昼の支度が億劫、、、上げ膳、据え膳、、、いつになったらでしょうか。
姨捨ホームに入ればしなくて済む。

by fu-ai_classes | 2018-08-31 17:13 | 日々
夏帯完成
そろそろ、夏も終わり、、、なのに夏帯を織り上げました。
d0073371_17292596.jpg
ともかく、何かしていなければ、狂ってしまいそうな暑さ、、、
さて、お次は何に取り掛かりましょうか。
こんなに仕事をした夏って初めて、この暑さに負けてはならない〜

by fu-ai_classes | 2018-08-28 17:32 | 日々
繭の塩蔵
蚕が繭になって、糸にするまで
熱を加えて乾燥させて保存するのが一般的。
生のまま繭の中の蛹が蛾にならないうちに糸に引くと、生繰りと言われる生糸になる。
冷蔵庫に入れながら時期を延ばし延ばしの仕事であるが、それでも限界があり急いで糸にしなければならない。
冷凍してしまうと、言う手もあり、でも冷凍庫のスペースに限度がある。
塩をまぶして中の蛹を殺し保存する方法があり、今回三分の一の繭を試みた、
d0073371_16352743.jpg
    これが生繰りの生糸
d0073371_16355084.jpg
これが塩蔵の生糸、、、違いがわかりますか?
私は貴重な生繰りの糸より、塩蔵の方が好き、、、

by fu-ai_classes | 2018-08-27 16:40 | 日々
珍友長野ヒデ子
お昼前にメールが届いた、、、
どうしていつも突然なのか??
午後1時から小田原文化会館で外郎大会があり、歌舞伎の絵本(長野さん作)を舞台の上で読み聞かせがあるので来ない?
そんなこと言ったて、今日私は予定が入っている。
d0073371_21252374.jpg
なにやら、鎌倉駅のホームからのメール、彼女は芭蕉布の着物を着ている、気合が入っています。いつになく緊張気味、、、可愛い〜
この写真、メールを送る時、間違えたみたい、、無断でゴメン。
d0073371_19250373.jpg
そして夕方、海老蔵から花束が届いた、無事に済みました、と、メール。
前から分かっていたら誘いたい人もいたのに、まったくしょうがないな〜
そして、残念なことでした。

by fu-ai_classes | 2018-08-26 19:44 | 日々
大根の種まき
相変わらず、クソ熱い日が続きます。
みなさん、お元気ですか?
昨日、若者たちが大根の種子を蒔いてくれました。
d0073371_08204953.jpg
今年は沢庵漬に挑戦するつもりです。
昔、祖母と母が力を合わせ、100本とか150本大根を干して大きな樽に漬け込んでいました。
今思うと、母と娘が一緒に沢庵を漬けたり、布団の綿入れをしたり、着物を解いて洗い張りをしたり、、、良いものでしたね〜。年寄りは知恵を、若い人は体力を出し合って、、、
私もその頃の祖母の年齢、若い人に伝えられる知恵ってあるのだろうか???
おまけにザーサイの種もまきました。採れたてのザーサイを炒めて食べると美味しいです。
皆さん、期待していてください。
d0073371_08313502.jpg
    蕎麦畑の横にザーサイの畑。
d0073371_08312766.jpg
蕎麦の茎が赤くなって本葉が出てきた。来週は土寄せして畝を作る予定。
d0073371_08344257.jpg
ボルドーよけに応急柵を作ってもらった、、、なんでも応急処置。
d0073371_08361544.jpg
もう、団栗が、、、、この暑いのに、いろいろ早かったり、遅かったり、
自然界もメチャメチャ、、、人心も乱れる、、、不安は募る、、、
人々は快楽に走り、お金が良心を駆逐して、全てのことの頂点に立つ。
もう、大仏でも建立するんですね〜
オリンピックをやめて、、、

by fu-ai_classes | 2018-08-26 08:51 | 日々
めでたし
d0073371_15343291.jpg
一度、夕立もどきの雨が降ったが、この暑さの中水撒きをせずに芽が出た。
蕎麦、めでたし、です・
d0073371_15370142.jpg
d0073371_15372767.jpg
北杜市から新しいワンコと一緒にきつつき工房さんが来ました。
前のワンコは真っ白で、ウメさんという名でした。
拾った翌朝、子犬を3匹産んだので、産めや増やせや、でウメさん?と聞いたら
白いから、梅です、、、と言われた。
新しいワンコはクリ、、、なるほど、栗色です。
いつも色からネーミングするのですね、
何はともあれ、きつつきさんに貰われたのは、ワンコ、めでたし、です。

by fu-ai_classes | 2018-08-22 15:47 | 日々
完成!!
d0073371_18312998.jpg
今日の午後、3週間かかった御老師の法衣完成です。
これから、湯どうしして、砧で叩き、様子を見ます。
良し、となれば京都の法衣屋さんに持って行き、見ていただき、仕立てます。
でも、そこでクレームがあれば再度挑戦です。
d0073371_18355773.jpg
d0073371_18362928.jpg
この夏の暑さは格別、、
無地で26メートルひたすら織り続ける仕事があって救われました。
美大を卒業して今年はちょうど50年、、
その節目の仕事として、なんの変哲も無い布を織ることは、この50年、地味に目立たぬように仕事を続けてきた私にぴったりで、なんとも気持ちの良い仕事でした。
コーヒーを入れ、美味しいビスケットでさくらと喜び合いました。
もう、こんなに長い布は織れない、と諦めていましたけれど、まだ大丈夫、、
思わぬ、お恵みを戴いたよう、、次の仕事も長尺ものに挑戦したい。

by fu-ai_classes | 2018-08-20 18:52 | 日々
小田原・清閑亭
前々から一度行ってみたかった小田原板橋の清閑亭を訪ねた。
d0073371_14052462.jpg
何気ない数寄屋風の明治時代の別荘。
d0073371_14080575.jpg
d0073371_14082111.jpg
d0073371_14083297.jpg
d0073371_14084371.jpg
華美ではないが全て本物の建築。もうなかなかこのような空間に身を置くことがない。
小田原に住む美咲ちゃんが暖簾の制作を依頼され、私が及ばずながらバックアップさせてもらうことになった。
観光客もほどほどに訪れていて、上手く室内を設えないともったいない。
入り口の横にお土産品が置かれていた。ご多聞にもれず、ひどい、、、ただでも欲しくないような袋物、伝統工芸の箱根細工があり、それらがちっともよく見えない。
どのような経緯で置ているのか、かわからないが、今時の安物ばかり並べるナントカ市ではないのだから、もう少し建物にあった格調のあるものが並んでいたら良いのに、残念。

by fu-ai_classes | 2018-08-20 14:27 | 日々
織りに疲れて、、、
今日までに完成させようと頑張ってみたが、
残すところ1メートル、、、なかなか気難しい糸で緯糸が絡む
d0073371_21275057.jpg
このようになる、と、もう老眼鏡ではとてもダメ、拡大鏡を持ってきて、切らずに解けたら何か良いことがある、、、と我がお心を騙しだまし解くのである。
d0073371_21315024.jpg
d0073371_21320819.jpg
d0073371_21322371.jpg
d0073371_21323730.jpg
草の海で山羊どもは無心に草を喰む、、、。
ボルドー!お前たちは呑気でイイね〜   メエ〜

by fu-ai_classes | 2018-08-19 21:36 | 日々
蕎麦の種まき
今日は念願の蕎麦の種まきです。
d0073371_17411181.jpg
秦野のそば処、クリハラから大量の種をいただきました。
d0073371_17450682.jpg
d0073371_17452246.jpg
種まき用の道具も貸していただいたのですが、、、
d0073371_17461905.jpg
使い方がわからん、、、なんだかスケーターみたいで可愛いけれど。
d0073371_17470425.jpg
マリコさんの指導で手植え、、、
d0073371_17561712.jpg
お昼にいただいた西瓜の皮に3匹の山羊が駆け寄る
d0073371_17575077.jpg
ボルドーを差し置きルナが柵から乗り出すように食べる、食べる、顔の大きさがボルドーと変わらなくなった。
d0073371_18000503.jpg
手紡ぎの木綿糸に糊付け、経糸はしっかり横糸は薄めに糊を上手につけました
d0073371_18020231.jpg
蕎麦の実を入れた雑穀バーをクリハラさんにお礼に差し上げましょう。

by fu-ai_classes | 2018-08-16 18:05 | 日々