2006年8月28日
夏も終わりのある一日、清野工房(詳子先生)、手織工房NOKO・宮本先生、風あい工房合同の講座を開きました。いつもと異なった雰囲気でとても好評でした。
時々こんなこともイイネ...!

■宮本&詳子ペアのスピード綜絖通し
d0073371_1321429.jpgd0073371_13213077.jpg
d0073371_13215375.jpgいつも野菜を頂く近所のMさん。ご主人とキリマンジャロ登山へ出発しました。留守中に畑の管理(収穫のみ)をまかされ、今日はチビスイカ(直径15cm)を皆で食べました。
見た目もちゃんとシマシマがあり、味も驚くほど甘く....。小さくともいっちょ前でした。(森田)

写真提供は石塚理英さん。
ありがとうございました。
# by fu-ai_classes | 2006-08-28 22:20
2006年9月の開講日
9月の予定です。
火曜コース 5,12,19日
木曜コース 7,14,21日
土日コース 2 or 3,9,16日
# by fu-ai_classes | 2006-08-19 19:50 | 開講日のお知らせ
2006年8月5日
d0073371_22183740.jpgMさんのショールができあがりました。

Mさんのコメント
「麻と木綿の平織りです。
 自然な感じで、好きです。」

とっても繊細で羽衣のようですね。



d0073371_22185625.jpgd0073371_22495727.jpg
# by fu-ai_classes | 2006-08-05 22:17
2006年8月の開講日
8月の予定です。お盆の週はお休みです。
火曜コース 1,8,29日
木曜コース 3,10,31日
土日コース 5 or 6,19,26日
# by fu-ai_classes | 2006-08-04 10:51 | 開講日のお知らせ
2006年8月4日
d0073371_10213122.jpg5月の連休明けに行った研修旅行の写真です。(スキャナで取り込んだので少し見ずらいかも。)
盛岡を起点に角館、雫石、遠野、宮古とレンタカーで回ってきました。ウワサによると高速を逆走したとかしないとか?!
d0073371_10214525.jpg

あかね会しずくいし麻の会の工房を見学させて頂きました。
# by fu-ai_classes | 2006-08-04 10:21
2006年7月28日
d0073371_1543119.jpg今日は特別授業。最年少の弟子です。せっかく持っていったオモチャの織り機も出番がなく、ぬいぐるみとバスごっこに夢中です。
d0073371_15432324.jpg弟子の目線で撮った森田先生。
d0073371_15433349.jpg

お忙しいところお騒がせいたしました。(れ)
# by fu-ai_classes | 2006-07-29 15:44
2006年7月4日
d0073371_1346698.jpg巾80cm、長さ1.5mの大作です。織暦8年のMさん作。

# by fu-ai_classes | 2006-07-14 13:46
2006年6月29日
d0073371_13544376.jpgおばあ様の着物から半巾帯へ。
軽くてとても締めやすい...と大好評。Kさん作。
d0073371_1355716.jpg

# by fu-ai_classes | 2006-06-29 16:53
〜ごあいさつ〜from森田
そんなに遠い昔でない私たちのおばあさん、ひいおばあさんの時代には、少し都会を離れた所で養蚕が盛んで、機織りする女性がめずらしくありませんでした。
自然環境を活かし、川のそばでは藍染、型染、里山では桑を植え、蚕を飼い、糸に紬ぎ、布を織ってきました。
染織の仕事だけでなく、陶器、木工、和紙、うるし等、民族の宝とするものは、
自然にはぐくまれ、限りなく循環型の農耕民族の穏やかな生活の一部でした。
稲・麦のワラの一つも、絹、綿糸の精錬、染織の媒染、型染の糊、そしてそれらの廃液を畑の肥料へと....
他の工芸、建築関係と数えればきりなく、みごとに使い切っていました。

ここ百年も経たず、どうなってしまったのでしょうか。
でも私たちの記憶の奥底にはDNAとか呼ばれるものによって、そのような賢い知恵や暮らし方へのあこがれが残っているのでしょうか。
自然にふれ、染や織をビジネスとしてではなく、ワークとして暮らしに取り入れたいと思う女性達がこの風あい工房に集い、上質の時、空を過ごしたいと願っています。(森田記)
# by fu-ai_classes | 2006-06-23 13:45 | ごあいさつ
2006年6月22日
Hさんの裂き織りバッグが仕立て上がってきました。
d0073371_13142785.jpg
d0073371_13145519.jpg緯糸はお母様の着物、経糸はお好きな色に染めたシルク糸です。工房スタッフFさんのお母様が仕立ててくださいました。



仮工房のお庭に、先生とFさんが畑を作りました。
カボチャや青じそがスクスク育っています。Fさんはほとんど農場の娘さんのように1日中野良仕事しています。^^(れ)
d0073371_13314642.jpgd0073371_1332631.jpg
# by fu-ai_classes | 2006-06-23 13:12